ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
TV愛知 建物図鑑 放映
 関東地方、関西地方では、もうすでに放映されましたが、このTV愛知では今週末の16日の放送です。
テレビ愛知 6月16日(日) 21:48〜21:54 建物図鑑 (アドヴァン提供番組)、ソロモン流の前のほんの数分の番組ですが、この番組の中で、恥ずかしながら、平野が数十秒間だけインタビューに答えているシーンが映ります。
見てやってください。
御施主様、撮影協力ありがとうございました。

ひらの
AR邸 1010
 AR邸の屋根へ登って来ました。珍しいので、、、記念撮影。




 屋根にのってしまったバレーボールを発見!
 大屋根に異常は無く、心配したほど軒樋に落葉も溜まっていませんでした。
 大丈夫だと頭では判っていても、薄い屋根の先端へ近づくのはドキドキです。

 小林たすく



AR邸 0831
 久しぶりにAR邸へ。たしか前回も8/31だったのでちょうど1年ぶりです。
 夏の間、芝は3週に一度刈り込んで頂いているとのこと 
 美しい庭の裏側には、大変な努力と愛情が隠されているのですね。
 東の道路側のトネリコはモリモリに 
 南側の樹木は成長具合がまちまち。要因は単純に日射量だけではないようです。
 草木が育ち、住む人の手が加わり、竣工時よりも街に馴染んだ印象のAR邸でした。

 小林たすく







 
 
AR邸 0525
AR邸へ一年検査におじゃましました。

家の中、外回り、一通りチェックしつつ、一年住んでみた感想などをお聞きします。

↓ いつも元気なタカマさんと外回りを検査中。



 ↓ 中庭の使い方について雑談中。壺の傍らに置かれた流木?が良い感じ。



 ↓ 外観。近所では、「外国人が住んでいるらしい」というまさかの噂話も、、、



久々におじゃますると、大切に住んで頂いているということが随所に感じられます。

うれしい限りです。 アプローチのガラス塀 ↓ ↓ ↓



一年検査は午前にて終了。

そして夕方、撮り残していた、夕景写真を撮影すべく、再びAR邸へおじゃましました。

 ↓ 日没のすこし前から撮影準備開始です。






 ↓ アーキフォトKATOさんのカメラ。




建築写真にもデジタル化の波が押し寄せています。

このカメラも建築写真を撮るのは今日が最後とのこと、、、名残り惜しいです

そんなラストフィルムでの写真の完成が非常に気になりますが、

ひとまず僕の撮った本日のベストショット ↓ ↓ ↓



 ↑ 写真中央やや右の影が加藤さん。

 あの位置からの夕景、ダイナミックな一枚が撮れているはず!楽しみです。



 ↑ 夕景全景。ちょっと暗くなりすぎました。タイミングが難しいです。

 AR様、たびたびおじゃましてすみません。ご協力ありがとうございました。

 加藤さん、たった一枚のためにお呼びしてすみません。撮影ありがとうございました。

 早めに入梅しそうな気配、晴天に恵まれ幸運でした。天気にも感謝です。

 小林たすく






AR邸 写真撮影01


先週、AR邸へ写真撮影におじゃましました。

今回も撮影はアーキフォトKATOの加藤さん。

雲が多く、外観は延期となってしまいましたが、僕の撮影した写真をご紹介します。


 ↑ 南外観。 朝だけ一瞬陽がさしていたのですが、どんどん曇ってしまいました。

 ↑ リビング庭。

 ↑ リビング庭、その2。

 ↑ キッチンより、ダイニング・リビングを見る。庭ができ、雰囲気が変わりました!

 ↑ 家の中央。壁が交わる部分。中庭になっており、各コーナーへ光を届けます。

 ↑ 中庭越しに各コーナーが見渡せます。

加藤さんに撮影して頂いた写真はまた後日ご紹介できればと思います。




 ↓ ↓ ↓ その加藤さんの写真展が、今月16日より栄で開催されます。


     加藤敏明 写真展 
                          
      「 面  おもて 」

     2010.11/16−11/21

     9:30-19:00(最終日17:00まで)

     名古屋市民ギャラリー栄 7階 2A展示室

     名古屋市中区栄4-1-6 中区役所朝日生命共同ビル


和紙に現像するようで、和紙の質感にも非常にこだわってみえました。

建物の写真ではない様ですが、とても楽しみです。

小林たすく









AR邸石垣
 AR邸の石垣が完成しました。のでご挨拶を兼ねてAR邸へ。
(突然大勢でおしかけて申し訳ありませんでした。)

↑南面外観。あとは石垣の上に生垣を植えて、庭の工事も完了です。

↑南東面外観。

↑入居していただいてから一月半ほどたちますが、
フローリングのメンテナンスがいきとどいており、とてもキレイでした。
つくる側の人間としてはとても嬉しく感じます。ありがとうございます。

近々、写真撮影におじゃましますので、よろしくお願い致します。

小林たすく
AR邸-0528
まもなく完成を迎えるAR邸をご紹介します。
かなり素敵な建物ができました。工事関係者の皆様、ありがとうございました。
残すは庭の工事です。もうひとがんばり、よろしくお願い致します。

↑庭には石垣や芝生の山をつくります。

↑部屋から見る方向によって趣の異なる色んな庭が楽しめる、、、

↑そんな庭たちが部屋のインテリアになるのを目指しています。

↑庭に囲まれるリビングと、家の真ん中にある中庭。
建物廻りの庭は部屋のインテリアとして、中庭は各部屋の緩衝空間として、
暮らしにゆとりを、家族の程好い距離感を与えてくれます。

庭が完成すると外観もインテリア劇的に変わります。ご期待ください。

小林たすく
AR邸-0510
 午後、AR邸の現場へ。

外壁の塗装が終りました。

軒先、軒天も塗装完了です。

フローリングも張りあがりましたが、養生のため姿は見れず、残念。

こちらは、連休中に一部フローリングを張り始めたところの写真。
壁に設けた溝に、フローリングを差し込み、RCと無垢の木の切り替りをスッキリと。
天井のボードも張られ、部屋のカタチが分かりやすくなってきました。

天井の照明用のスリット。
よりシャープに見せるため、手の入るギリギリの巾を試作を作成し確かめて頂きました。
山本さん、渡邊さん、ありがとうございます。なかなか良かったです。

今週はいよいよ庭に植える木の打合せ。リビングから見渡す庭の完成が楽しみです。

小林たすく
AR邸-0427
 午前中、雨の中AR邸へ。

↑監督さんが、屋根で雨よけのシートを修正中。

連休明けから外構工事が始まります。

↑キッチンよりリビングを見る。

リビングよりダイニング、キッチン(壁の向こう側)を見る。

↑リビングより。左奥がタタミの間、右奥がエントランスと子ども部屋。
中庭ごしに家全体が感じられる平屋の建物。
GW中には床のピンカド(という木の)フローリングが貼りあがるとのこと、楽しみです。
監督さん、すぐ見に行きますので、よろしくお願いします。

小林たすく
AR邸-0421
 本日午前は、現場打合せへ。

↑軒天のボードが貼られ、ガラスが入り、外観は完成に近づいてきました。

↑中庭。座るタイプのハンモックを吊るして読書スペースに。夏は水盤にも・・・

↑ミュージックリビング。コンクリートと緑、お隣の木がいい雰囲気です。

↑エントランス。

↑子ども部屋前のライブラリー。

床下、天井裏に設備を設置し、内装工事が進行中。
完成まであと一月!
ヤマモトさん、ワタナベさん、職人の皆様、よろしくお願い致します。

小林たすく
work・cube LOGO