ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
HY APARTMENT 竣工写真
 HY APARTMENT の竣工写真が出来上がってきました!ので一部ご紹介します。
 撮影はアーキフォトKATO の加藤さんです。

 















 加藤さん素敵な写真ありがとうございました。

 小林たすく


 
HY APARTMENT 0331
 天気に恵まれ、無事外観も撮影することができました。

 手前の影はカメラマンの加藤さん。早朝からありがとうございます。

 南面

 東面

 近くの川 桜  雲ひとつない青空。花見日和です。

 東面(夕景)

 南面(夕景)

 何とか工事も終り、照明のついた状態をゆっくり眺めることができました。
 加藤さん、一日ありがとうございました。
 
 小林たすく

 
HY APARTMENT 0328
 なんとか3月末に完成、、、あわてて竣工写真の撮影へ行ってきました。
 カメラマンさんの傍らで撮った写真を一部ご紹介したいと思います。
 TYPE-01  メゾネット、中庭のある2階。

 1階はコンクリート壁で囲われたプライベートなテラスに。

 TYPE-02〜04  東西2面から採光が取れる細長ーいプラン。

 壁の向こう側にもうひとスペース。書斎や趣味のスペースに。

 道路側の景色が見えるオープンなタイプと、、、

 コンクリート壁で囲われたプライベートなタイプと。
 TYPE-05・06  1階は屋根付きの駐車スペースと玄関。

 2階と3階が居住スペースです。

 3階は中庭から光を取り込みます。

 TYPE-07〜09  2つのワンルームを螺旋階段でつないだメゾネット。

 1階は天井を高く、2階はやや低めに。

 といった全てメゾネットの9部屋。階による違いを楽しんでもらえたらと思います。

 外観の撮影は週明けに。晴れますように、、、天気神様

 小林たすく
 
HY APARTMENT 0324
 本日は HY APARTMENT の設計検査でした。
 外構工事や植栽など、まだ工事も残っていますが、内部を先行して検査しました。

 全9戸のメゾネット。住戸の前は駐車場を兼ねてちょっとした庭のように。

 TYPE-09 1F

 TYPE-07 2F

 TYPE-02 1F

 TYPE-02 2F

 春からの入居に向けて、あとこちで職人さんが頑張ってくれています。
 監督さん職人さん、もうあと少し、よろしくお願い致します。おじぎ桜桜

 小林たすく


 
HY APARTMENT 0207
 HY APARTMENTへ。昨日は最終階(屋根)の配筋検査でした。

 この階まで来ると、なかなか素敵な見晴らしです。

 2階は養生期間中のため、まだ支柱が残っていますが、

 1階は支柱が取れ、断熱(発泡ウレタン吹付/左壁面)工事中。

 発泡ウレタンの原料と設備を積んだトラック。

 そして本日、雪のためコンクリート打ちは延期に、、、雪 雪 雪 泣く

 週明け仕切りなおしです。

 小林たすく



 
HY APARTMENT 0126
  HY APARTMENTは、先週末、2階のコンクリート打ちでした。

 こちらは年末の様子。

 2階の壁の配筋。

 このタイミングで、鉄骨階段も設置されました。

 部屋から見るとこんな感じに。

 その後、壁の型枠を起こして、、、

 3階床の配筋。3階からだと景色も開放的です。

 そしてコンクリートの打設。上手く打てていますよーに!おねがい
 
 小林たすく

 
HY APARTMENT 1212
 HY APARTMENTへ。2階の床の型枠工事がはじまっています。

 1階の壁の型枠はほぼ建ち上がりました。

 これから床の型枠を組むお部屋。

 床の型枠まで完了したお部屋。天井の丸い穴には螺旋階段が来る予定。

 来週は配筋検査とコンクリート打ちです。
 監督さん、職人さん、引き続きよろしくお願い致します。
 
 小林 たすく

 
HY APARTMENT 1205
HY APARTMENT 配筋検査へ。現在1階壁の型枠を建て込み中です。

 ちょっと上から。あちこちで職人さんが作業中。

 長屋タイプのため、隣の部屋へは一旦道路へ出てから。移動が大変そう、、、

 型枠を固定する金物。セパレーターとPコン。

 この金物を使って、2枚の型枠を繋ぎとめます。

 鉄筋と型枠が建ち上がり、部屋の大きさが実感できるようになってきました。

 夕方5時、頭が痛いわぁ〜と職人さん。
 色んなカタチの部屋があるため、図面を見ながら慎重に作業を進めてもらっています。
 もうしばらく型枠の工事が続きそうです。
 
 小林たすく


 
HY APARTMENT 1105
 晴天に恵まれた連休明けの火曜日。朝からコンクリート打ちでした。

 ↓ こちらは先週末の様子。配筋検査を行いました。

 ↓ スランプ、空気量、塩化物量、で生コンを確認。強度はテストピースで後日確認。

 ↓ 打ち込み(流し込み)開始。足場が悪くて大変そう、、、

 今回は地中梁のコンクリートまで。全部土に埋まる部分です。
 これから目に見える地上部分になっていくので、緊張感も増していきます。
 一層ずつ着々と進行中です。歩く

 小林 たすく


 
HY APARTMENT 1016
 こちらは、先週より掘削が始まっております集合住宅の現場です。
 大変頑丈な地盤に恵まれたため、直接基礎の建物です。
 慎重に掘削しながら、並行して床付け(平らに仕上げる)、砕石敷きが進みます。
 大きな台風がひとつ通り過ぎました。現場には大きな被害もなく一安心。
 今年はこれで台風収めにして下さい!と祈るばかりです。あと雪も少なめで、、、

 小林たすく




work・cube LOGO