ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
リノベーション竣工写真
リノベ物件の竣工写真です。

撮影:アーキフォトKATO 加藤敏明

高台にある、眺望の良いところです。

リビングダイニング 夜景。

玄関入ってすぐに手洗カウンター。左手がキッチンダイニング。

右手のカーテンにはお風呂、洗濯機、クローゼット、寝室が隠れています。
帰宅→手を洗う→カバンを置く→着替える や、洗濯→物干し→クローゼットに仕舞うといった流れがスムーズに行える動線計画です。

2枚の壁が建っているだけのシンプルな構成。窓際はフローリング敷きで、縁側のようなスペースです。

カーテンを開けたところ。手前から寝室、クローゼット、浴室。天井の格子にはハンガーがかけられ、室内物干しにもなります。

反対側はロフト形状。布団がギリギリ敷けるサイズで、一応子ども部屋?です
下は天井の低い収納。何でも仕舞えるのでリビングがきれいに片付きます。

リビングダイニングキッチンの見返し。

寝室は開けっ放しでもOK。

カーテンを閉めるとちょっと雰囲気が変わります。

キッチンは長さ3450。換気扇や食洗機、電子レンジなどの家電を目立たなくさせスッキリと。

壁に穴を開けて、奥の窓の景色を切り取ります。右は天才画伯の作品。
キッチンもレースカーテンでやわらかく目隠しできるようになっています。

カーテンに木の影が映りこみとてもきれいです。
気持ちの良い住宅になりました!


まんだ

リノベーションもやってます。
マンションのリノベーションです。


南に緑が望める、環境の良いところです。

キッチンダイニングリビング一体の、広々としたワンルーム。
梁の下に空いている穴は、、最後に。

キッチン天板は人工大理石、扉はめずらしく?オークのカマチ組です。
レンジフードや食洗機を目立たなくすると、リビングから見たときにすっきりします。

天板の前面はモザイク石貼り。面台の上にはメキシコからのお友達。

2枚のグレーの壁を建てただけのシンプルな構成です。壁の裏は、、

ロフトになっていて、上は子どもの遊び場、下は高さ1m位の収納です。何でもしまえます。

反対側はこんな感じ。写真奥が玄関。

玄関入ってすぐに洗面。右のカーテンの奥にはお風呂や洗濯機、クローゼットが隠れています。
ものが増えてきたらここに家具を置いて、通り抜けできるクローゼットに。天井の格子にはハンガーが掛けられるようになっていて、室内物干しにもなります。
一番奥の寝室は、、

普段はオープンで、、

寝るときやお客さんが来るときは隠せるように。

2枚の壁の裏に雑多なものをしまえるので、メインの生活スペースはきれいに片付きます。
リビングの床はモルタル。まわりの一段上がったところはオークのフローリングです。

キッチンもカーテンで隠せるようになっています。キッチン自体は見せてもいいけど、作業している姿は見せたくない、、、生活パターンは住む人によってほんとに様々です。

正解:アリエッティ。

他にも細かな生活の仕掛けがたくさんあるので、ちょっとずつ紹介していきます。
新築だけではなく改修もやっています。気軽にご相談下さい。


まんだ
敷地見学
 今日は新しく住宅を計画する敷地へ。
 不動産屋さんのご協力により、解体前の建物に入らせて頂き、
 2階レベルからの眺望や近隣との距離感を確認することができました。
 ↓南側は理容店の屋上。近い、、、でもあまり人は来てなさそう。
 ↓ 西側。お隣ベランダとの目隠しを考えれば、遠くまで心地よく見渡せそう。
 ↓ 奥には幅2mの細い道路があるちょっと変わった敷地です。
 更地のときは想像するのみですが、今回は運よく2階の視界が確認できました。
 この土地でどんな暮らしができたら素敵だろうか、、、
 敷地に来て想像してみる。机で考えるより、いい案、いい家への近道です。

 小林たすく
 


住宅打合せ 0607
 夕方、住宅の打ち合わせにKW邸へ。今日も窓は気持ちよくOPENです!

 中庭のある計画のため、KW邸の中庭を体験しながらの意見交換。
こんなに窓を開けていてもあまり蚊が入ってこないのがいつも不思議です。

 お絵かきテーブルにはキレイな花が咲いていました。

 自然の風が通り抜ける心地よい空間がつくりたいと思います。

 小林たすく


2012進行中住宅

計画案のご紹介がしばらく続きましたが、今日は進行中物件のご紹介です。

着工寸前、金額調整中、設計中、の住宅たちです。

では、順番に・・・




MU邸
緑の中に浮かんだ開放的な暮らし。眺めよし!!





FK邸
南の畑からそのまま繋がる、土間続きのみんなの外リビングでのくつろぎ。





HB邸
互い違いに重なる床と吹抜が光を導き、暮らしが縦へと繋がる立体的な住宅です。





KJ邸
日常生活の中で、内と外という空間のあり方をいろいろと模索中。






MA邸
木の下に住む。木漏れ日やチラチラ見える木の葉を感じて、自然と関わりながら暮らしを築いてゆきます。





MS邸
屋根のような壁のようなものが家族を包んでいます。





OI邸
店舗兼住宅です。店舗と住宅という異なる機能の空間が混ざりあいます。





YN邸
囲われた空間にいくつもの庭をつくる事で、どこにいても優しい光であふれています。





KA邸
ゲートの下につくられた筒のような空間に、小さく挟んだ外や、大きく抜いた外で光や風を取り入れます。





ON邸
囲われた壁の中にジグザグにどこまでも部屋が続いてゆくような住宅です。





WT邸
改修+増築。増築するゲートが作り出す庭へ、新しい暮らしが膨らんでゆきます。





KN邸
緑の多い傾斜地に建つ、壁の家。自然環境をひとつながりの壁で囲い込むことで、
部屋の一部としてプラスします。




と、これから続々と工事に入っていきます。

お楽しみに!


山  田

住宅プレゼン
今年も残すところあと半月。早いですね。。

年内最後の住宅プレゼンに向け、社内は案出しの真っ最中です。
今回は1000万円台の新築住宅。
1000〜2000万円台の住宅のお話をよく頂きますが、これがまたおもしろい!
早い段階で工法や仕上材料の検討をしたり、限られた空間を最大限に広く長く心地よく感じる仕掛けを考えたりと、本当にやりがいがあります!
↓この模型を携えて、午後から社内プレゼン!みんなからどんな案が出てくるか楽しみです。

ワーク・キューブでは規模やご予算問わず、お施主様の思いをカタチにすることを目指して設計しています。今後、家づくりがもっと身近に感じられるような相談会?お勉強会?のようなイベントも企画中です。実際に中を見れる住宅もいくつかございますので、春先に向け新築、改築をお考えの方はお気軽にご連絡下さい!


ご無沙汰してました。 まんだ
コンセプトハウス

続いてコンセプトハウスをご紹介。

自然の力を利用した、環境と共に暮らす住宅です。


折れ曲がった一枚の壁で空間を構成しています。






中と外の境界が曖昧な、心地良い空気の流れる住宅です。






住み手募集中です!写真を見て何かを感じた方はご一報下さい。

まんだ

HR邸 0308
久しぶりにHR邸へおじゃましました。
家族が自分たちで庭作りを楽しむというコンセプトの住宅です。

エントランスアプローチには植栽や枕木。芝生も当然セルフです。

小さなサッカーゴールが置かれていたり、、、

ご主人の力作、ピザ釜も!
公園まで行かなくても、お子さんが充分楽しんでいるとのことです。

ちょっと遠くから。南には一面田んぼが広がります。

夏はこんな感じです。

いつ行っても気持ちのいい住宅です!


ひと月ぶりでした。  まんだ
住宅相談

今日は午後から住宅の打合せでした。
住宅の新築をお考えのご夫婦で、敷地を探すところからお付き合いさせて頂いています。
生活をイメージしやすいように、KH邸で実物に触れながらの打合せです。

間取りや仕上げ材料、床暖房やテレビを見る見ない等々色んなお話が出来ました。
こちらもついつい盛り上がってしまい、大分お時間を頂いてしまって申し訳ありませんでした。


ブログをよく見て頂いているらしく、お菓子の差し入れを頂きました。平野さん絶賛!
皆様、くどいようですが催促してませんので(笑)お気遣いなく。でもみんな甘いものが大好きなのでうれしいです!

KJ様、本日はありがとうございました。またいつでも気軽にお声掛け下さい!


床暖は心も温まります。  まんだ

蒲郡へ
午後から蒲郡へ。
まずはKY邸に伺いました。























一列分の蜜柑の苗木が植えられてました。
3種類の蜜柑の苗木が3本ずつ。
計9本植えられてました。
大きくなるのが楽しみです。


その後、現場が近いYM邸へ。










いい低さです。


裏には田んぼが広がってます。


YM邸楽しみです。

以上、おおやまでした。
work・cube LOGO