ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
AR邸
 本日、AR邸の現場打合せへ行ってきました。
屋根工事が終り、外壁工事、内装の下地工事、空調工事、電気工事・・・
たくさんの業者さんで現場がにぎやかです。

↑敷地廻りに車がずらり。近隣の皆様、ご迷惑をお掛けしております。

↑屋根裏の断熱材吹付けが終り、天井と内壁の下地を組んでいます。

↑家の中心の中庭。夏は水をはって水盤にすると涼しいかもしれません。

↑コンクリート壁を掘り込んだ飾棚。オレンジの管は照明用の配管です。
ライトアップされる杉板型枠コンクリートの表情も楽しみです。

↑キッチン側より、リビングを見る。外周はすべてガラス、開放的です。
フローリングと同じ無垢材の塀、築山、植栽、庭の雰囲気がそのままリビングに。

いよいよ内部の工事も本格的に始まり、週ごとに、完成の姿に近づいていきます。

小林たすく

AR邸
A邸に鉄骨の屋根がのりました。
杉板型枠のコンクリート壁に鉄骨の薄い屋根がのる混構造の建物です。
実際は勾配のある屋根ですが、道路から見ると、
期待どおり、思った以上に、とっても薄く見える屋根になりました ↓


監督さんと電気屋さんと打合わせ中 ↓


壁のコンクリートはそのまま室内の仕上となりますが、
屋根には鉄板をはり防水し、天井をはり仕上げていきます。
このフレームが見れるのも今だけです。


以上、小林たすくでした。
AR邸
先週の土曜日はA邸のコンクリート打ちでした。

打放シの建物なので、躯体=仕上がりという訳で、
少しでも綺麗に打ちあがるよう、お手伝いに行ってきました。

朝イチから打設開始です。


晴天の空の下で、職人さんたちも真剣です!



コンクリートが型枠の隅々まで流れ込む様、こうして型枠をトントンと叩きます。
ワークキューブチームも参戦です。
 


建物の印象が決まるコーナー部分は特に入念に叩いてきました。
職人さんに負けないくらい真剣です。



お昼頃、無事打ち終わりました。



慣れない力仕事にヘトヘトになりましたが、

型枠が外れるのが楽しみです。

現場の方々、お疲れ様でした!
work・cube LOGO