ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
IW邸 0208
 
IW邸の定例へ行ってきました。現場は2階壁の型枠の撤去作業をしています ↓



まだ、梁とスラブは養生期間中のため、屋根スラブを支える支柱は外せません。



が、壁の型枠がなくなり、ハイサイドとなる躯体の開口が現れました。



四周浮いている垂壁と、そこに差し込むハイサイドからの光。



支柱のとれた状態を見るのが楽しみです。

小林たすく


IW邸 0201

 IW邸の定例へ。 2011年も一月終わってしまいました。今日から2月です。

 ↓ 先週の様子。2階のコンクリートを打ちました。 この日の朝は極寒でした、、、



 ↓ 監督さんの指示のもと、上から慎重にコンクリートを流し込みます。



 ↓ 下では型枠をたたき、気泡を浮かせ、コンクリートを隅々まで行渡らせます。



 ↓ そして本日。一階のコンクリートは養生期間を終え、サポートを撤去。



 ↑ 吹抜部分は2階のコンクリートの養生のためしばらくこのまま。

   それでも回りは片付き、だんだん部屋の様子がわかるようになってきました。



 ↑ 吹抜を上から。一階の雰囲気を感じるには十分な大きさです。

   建物のコンクリートは無事に打設完了。これから内装工事へと移っていきます。


 
今日は久々に暖かい一日でした。ただ花粉が心配です。  小林たすく 





IW邸 0118
 
IW邸へ行ってきました。昨日に続き雪も心配でしたが、いいお天気です。



現場は2階の型枠施工中。足場を上り、2階にあがってみると、、、



雪を溶かしていました。昨日は雪かき大変だった様です。



並行して1階では型枠の解体をしています。



ガラス質のツヤのある密実なコンクリートが打てていました。キレイです。



お昼ごろ、近所の田んぼはまだこんな感じ。この辺りもかなり降ったみたいです。

現場だけは、雪は降らないで欲しいものです。  小林たすく











IW邸 0113
 IW邸の定例&現場へ行ってきました。



 ↑ 2階の型枠外周部分ができ、鉄筋施工中。足場も2層のボリュームになりました。



 ↑ 1階のリビング・ダイニング。



 ↑ 2階。穴のあいているところの下がリビングです。



 躯体工事も2階に入り、部屋のボリュームが実感できるようになりました。

 ひとまずは2階のコンクリート打ちに向けて、

 監督さん、職人さん、よろしくお願い致します。この後の屋根も施工難しそうですが、、、

 小林たすく



IW邸 1227
 本日は朝から1階のコンクリート打ちです。


↑ ポンプ車準備中、、、電線をかわすのが大変そう、、、



↑ コンクリートの検査もかれこれ3回目。いつもお世話になっている検査員さん。



↑ いよいよ打設開始!開口部廻りは慎重に打設していきます。



↑ 最後は2階の床を平らに均して作業終了。皆様、一日おつかれさまでした。

小林たすく





IW邸 1223

 
本日は朝より、IW邸の中間検査へ行ってきました。

車中に流れる ZIP FM はクリスマス特集!

道も空いてて快適なドライブでした。



RCの建物は、2階の床のコンクリートを打つ前に審査機関の検査を受けます。



建物の配置、梁やスラブの配筋の確認します。問題なく検査は無事に完了!



 ↑ 祝日ですが検査に対応して頂けるビューローベリタスジャパンの検査員さん。

年末や年度末はどこの現場も検査が集中するため、

土曜や祝日も検査は受け付けているとのこと。ありがとうございました。

あとはコンクリート打ちを待つばかり。

監督さん職人さんよろしくお願い致します。

小林たすく




IW邸 1216
 本日はIW邸の定例でした。現場は先週に引き続き型枠の建て込みをしています。

 ↑ ↓ 1階はだいぶカタチになりました。あとは梁と床の配筋です。

 ↓ 1階リビング。まだまだ2階床の型枠が施工途中のように見えますが、、、

 ↓ 今回はこのまま吹抜けのリビングとなります。

 「吹抜けのせいで材料置く場所がないよ!」と笑いながら型枠大工さん。

 ご苦労おかけしますが宜しくお願いいたします。

  小林たすく



IW邸 1209
 IW邸の定例へ行ってきました。1階の型枠が立ち上がりはじめています。

 ↓ 敷地の都合上、外周部の型枠を先行して建てた後、壁の配筋を施工します。

 ↓ スリーブの補強筋。コンクリートに孔を設ける部分に入れて補強します。

 ↓ 設備業者さんと監督さんがスリーブの位置を打合せしています。

 型枠、配筋の施工順序が難しそうな現場です。

 定例後、雨がちらついてきました、、、、、寒い!  皆様、風邪には気をつけましょう!

 小林たすく


IW邸 1130
 本日はIW邸の配筋検査へ。明日から師走、街路樹も冬らしくなりました。

 ↓ こちらは先々週の写真。地中梁を埋め戻し、、、

 ↓ 土壌蓄熱の床暖房パネルを敷き込みました。(先週の写真)

 ↓ 床暖房パネルの上にさらに土と砕石を敷き、床スラブの配筋を施工。

 ↑ ↓ 明日のコンクリート打ち前に配筋と設備配管の位置を最終チェックしました。
 ↑ 監督さんの指示のもと、電気屋さんが床暖房の配線の確認をしています。

明日のコンクリート打ちもよろしくお願い致します。

小林たすく






IW邸 1111
 午後からIW邸の定例へ。打合せをしていたらすっかり暗くなってしまいました。

現場では明日のコンクリート打ちに向けて職人さんが鉄筋の最終仕上中。
遅くまでごくろうさまです。

最後に鉄筋のかぶり厚さを確認しました。
監督さん、職人さん、明日もよろしくお願い致します。

小林たすく


work・cube LOGO