ワーク・キューブのブログです。
愛知県 名古屋市 建築家 設計事務所 / 住宅 医院 店舗 オフィス
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
OW邸 1127
 OW邸へ。週末のコンクリート打ちに向けて、型枠工事が進行中です。

 上からみると、こんな状況。

 下は型枠を支えるパイプサポートでいっぱいです。

 先週の様子。杉板の木目がそのままコンクリートの模様に。

 今週の様子。

 あとはキレイにコンクリートが打ちあがるのを祈るのみです。神様

 最後の壁面のパネルを建て込む型枠大工さん。

 週末にコンクリートを打設し、来週には脱枠。一気に完成形に近づきます。

 小林たすく


 
OW邸 1120
 OW邸へ。今週から型枠の立て込みが始まっています。

 化粧型枠(オレンジ色のベニヤ板)をクレーンで吊って所定の位置へ。

 コンクリート壁は後から配線できないので先に配管を埋め込んでおきます。

 型枠の大工さん、電気屋さんがあちこちで作業していました。

 今週は天気にも恵まれ、月末のコンクリート打ちに向けて作業は順調です。
 
 小林たすく
OW邸 1030
 OW邸へ行ってきました。工事も進み鉄筋が組みあがりはじめています。

 ↓ こちらは先週。基礎のコンクリート打ちの様子。

 ↓ 計画通りのコンクリートとなっているかどうか試験をして確かめます。

 ↓ そして今週。鉄筋により、部屋のカタチがわかるようになりました。

 ↑ 手前から、シューズクローク、水回り、キッチンが左・右・左と配置され、
 残りの空間がジグザグと奥へ続いていきます。を確かめながらの一枚。
 来週からは型枠工事。だんだんカタチになってきています。

 小林たすく




 
OW邸 1016
 OW邸へ。台風が過ぎ、風は強いですが、空気の澄んだキレイな空の一日でした。
 今週より基礎の鉄筋が組まれ始めています。
 10ミリと13ミリの鉄筋がタテヨコ交互に。なかなかキレイな仕事です。
 敷地西側より。東西に長い30坪程の平屋。やけに大きく見えました。
 鉄筋屋さん、ひきつづきよろしくお願い致します。

 小林 たすく



OW邸 1008
 本日より、掘削がはじまりましたOW邸です。
 この美しく手入れの行き届いた芝生を、、、
 重機でガサッっと剥がしました、、、(家を建てる範囲を部分的に)
 覚悟していたつもりでしたが、いざ目の当たりにすると心が痛みます。
 ↑ 建物周りの芝生の傾斜を見ながら、建物の基準となる高さを確認。
 ↑ 表層の地質を固める改良材。このまま基礎工事へと続きます。

 剥がされていく芝生を眺めながら、 
「もう芝生はやめとけ」とずっと手入れをしてきたお父さん。
 手入れの大変さと同時に手をかけただけ増してくる庭への愛着が伺えました。

 キレイな芝生に浮かぶ、のびやかな建物の水平線、、、
 図面を描き、思い浮かべるのは容易いですが、実現し続けるには手間も必要。
 その手間をかけてもらえるだけの建物をつくらねば!と痛感した一日でした。

 小林 たすく


 


OW邸 0128
 月曜日はOW邸の地盤調査を行ないました。
 いつもと同じくボーリング試験。重りで管を叩いて地盤の型さを調べます。
 カン!カン!カン!・・・深さ2〜3mあたりから、50回以上の打撃音。
 平屋を建てるのが勿体無く思えるほど、良さそうな地盤です。

 小林たすく


OW邸 1014
 OW邸の打合せへ行って来ました。まずは照明を見に Panasonic へ!
 ↑ 大半の展示を無視して、実験ルームを占拠。
 光源の違いによる拡散の仕方や色見を確認。間接照明の雰囲気を体感しました。
 ↑ 続いてLIXILへ。 トイレやお風呂の機能、大きさを確認。
 ↑ こちらは前回。気になる雑誌をお持ち頂き、収納や仕上げの打合せ。
 ↑ こんな空間を目指して。
 模型は出来ていても、まだまだ決めること考えることがいっぱいです、、、
 OWさま、今週末もよろしくお願いします!

 小林たすく


work・cube LOGO